看護師が知っておきたい肝臓癌の治療と看護のキホン

患者さんや家族への心理・社会的支援

肝細胞がんは再発を繰り返しやすく、再発するたびに厳しい病状についての説明を受けるので、
心理的に強い衝撃を受けます。
ですから、治療を継続して受けることへの精神的な負担や、
いつ症状が出現し、悪化するかもしれないという不安感をいつも抱いています。
また、食事療法や定期的受診・治療など、
日常生活においても心理的負担や経済的不安を抱えやすいです。

 

看護師は、患者さんが病気や治療について十分理解し、
望む生活を送ることができるように支援することが必要です。

 

患者さんだけでなく、家族も同じように患者さんのがん発症や再発に対する不安や、
繰り返される入院・治療、食事療法、薬物療法に伴う
身体的、心理的、経済的不安を抱えやすい状態にあります。

 

家族の思いや、負担に思っていることなども傾聴し、理解していくことが大切です。