看護師が知っておきたい肝臓癌の治療と看護のキホン

肝がんの症状

肝がんは、早期の時点では症状がみられません。
ですが、進行すると、肝硬変の症状に、発熱、腹部腫瘤、腹痛などの症状がみられます。

肝細胞がんの症状

肝細胞がんの初期症状は、全身倦怠感、食欲不振、腹部膨満感、体重減少などがみられます。
ですが、腫瘤が小さいと、無症状のことが多いです。

 

病気の進行とともに、黄疸、腹水、食道静脈瘤、低血糖発作などが現れます。
また、肝がんが破裂すると、腹腔内出血をきたし、急性腹症を発症する事もあります。

胆管細胞がんの症状

初発症状は、食欲不振、全身倦怠感、腹痛、発熱などです。
肝門型の黄疸を主訴とする場合も多いです。

転移性肝がんの症状

初期は殆どの場合が無症状です。
食欲不振、全身倦怠感、体重減少、発熱などの症状が現れることもあります。

 

進行すると、肝機能障害、腹水、肝腫大が出現します。