看護師が知っておきたい肝臓癌の治療と看護のキホン

肝臓がんの病気分類

肝細胞がんの進行度分類は、T因子(腫瘍の病態)、N因子(リンパ節転移の有無)、
M因子(遠隔転移の有無)により、ステージT〜ステージWBまでの5段階に分類されます。

 

<T因子>

 

がん腫の「個数」、「大きさ」、「脈管侵襲」の3項目によって規定されます。
複数のがん腫は、多中心性がん腫であっても、肝内転移がん腫であってもかまいません。
肝細胞がん破裂S3は、T4として扱います。

 

@ 腫瘍個数(単発)

 

A 腫瘍径(2cm以下)

 

B 脈管侵襲なし
 VpO : 門脈への侵襲(腫瘍栓)を認めない。
 VvO : 肝静脈への侵襲(腫瘍栓)を認めない。
 BO : 肝内胆管への侵襲(腫瘍栓)を認めない。

 

T1 : @AB全て合致
T2 : 2項目合致
T3 : 1項目合致
T4 : 全て合致せず

 

<N因子>

 

NO: リンパ節転移を認めない
N1: リンパ節転移を認める

 

<M因子>

 

MO: 遠隔転移を認めない
M1: 遠隔転移を認める

肝細胞がんの進行度分類

ステージI : T因子 T1、N因子 NO、M因子 MO
ステージU : T因子 T2、N因子 NO、M因子 MO
ステージV : T因子 T3、N因子 NO、M因子 MO
ステージWA : T因子 T4、N因子 NO、M因子 MO もしくは T因子 T1 T2 T3 T4、N因子 N1、M因子 MO
ステージWB : T因子 T1 T2 T3 T4、N因子 NO N1、M因子 M1